僕なりに、君なりに

フェアリーと天使を愛でる会

人は誰もひとりでは生きて行けない


I/Oツアーオーラスの裕翔くんの挨拶に、先月発売されたMyojoの10000字を軽率にダブらせたヲタクのひとりごと、というか忘れちゃう前に残しておきたかっただけの備忘録なので、例によって日本語めちゃくちゃです〜!

 

 

『メンバーに完全に身をゆだねられるって思ったのも去年、おととしくらいなのかなって。メンバーは完全に心を開いて待ってる感じで。僕が飛び込んで行くのを躊躇したというか。一瞬また、自分の殻に閉じこもりかけもして。でも去年、おととし仕事が忙しかったり、ふさぎ込んでいるときに、物理的にも精神的にもそばにいてくれたのはメンバーだったんですね。「あ、信頼していいんだ」って。信じていいのか踏み切れなかった自分が恥ずかしくなったというか、そこから変わったと思います。』(Myojo 2017年 11月号)

 

 

という(私にとっては結構)衝撃の10000字からはや23日。 

 

『いや〜でもさぁ、なんかこう……泣きたくなる気持ちは分からなくもない。やっぱり今までいい事もあったし悪い事もあったし、順風満帆ばかりではなかったですよ。個人としてもメンバーとしても、やっぱりそれぞれ、きらびやかなこのステージの中に立ってるんだけど、どこかやっぱりこう、苦しんでもがいたりしてるっていうのを、ひた隠しにしながら生きてきたんじゃないかな…ってちょっと暗い話になっちゃったけどさ!でも、そんな時でも、綺麗事になっちゃうかもしれないけど、僕はね!特にここ最近ホントにこの8人に支えられて生きてんだなぁと思って…いつでもこう……頼ってよかったんだなぁと思って。ここへ来てよりいっそうみんなへの信頼が僕の中ではすごく増えていて……ホントにいつも助けてくれてありがとう。』

 

 

 

という真駒内セキスイハイムアイスアリーナで迎えたオーラスの裕翔くんの挨拶もなかなかに衝撃的でした。

 

 

 

Jumping CARnivalで中島裕翔というアイドルに出会ったドが付く新規の私は、裕翔くんに対してざっくり言うと「"過去"には色々あったんだよね…でも今の裕翔くんが幸せで心から笑えているならそれでいいや!」等という極めて陳腐な想いを持っていて

 

だから、まさか私が出会った頃の、あのキラキラと輝いていた裕翔くんが、まだ、たくさんの悩みを抱えたままステージに立っていたかもしれないなんて、裕翔くんにとってその当時の気持ちが"過去"になったのはごく最近のことだなんて、本当に思ってもみなくて

 

10000字とI/Oオーラスの挨拶で頭を鈍器で殴られたような気持ちになった。自分の脳みそがスッカラカンなのを加味しても、「あっそう」ではちょっと済まされなかった。

 

 


もちろんコンサートでわざわざ「今、僕めっちゃ悩んでるんですよね…」なんて言うわけないし、そんな素振りを1ミリも感じさせない、っていうのは当たり前かもしれないけれど


どんな状況であれ、あの煌びやかな世界に相応しい「アイドル」でいることに努めた裕翔くんは仕事人なんだなぁと感服した

 

と同時に

 

誤解を恐れずに言うならば

 

「まんまと騙されたんだなぁ」

 


と思った。ものすごく語弊のある表現で各方面から刺されかねない物言いだけど、コンサートでシャカリキに歌って踊ってファンサをしてニッコニコでバイバーイ!と捌けていく裕翔くんは紛れもなく私の中でカンペキなアイドルだったし


その当時、裕翔くん本人が語ったインタビューからも(私の感受性に問題があるのかもしれないけど)そんなことは感じられなかったし

 

初主演映画ピンクとグレーのインタビューからも「もがき苦しんでいたのは過去のこと」としか受け取れず(多少ネガティブがすぎるんじゃ…もっと純粋に喜べばいいのに…なんて思ったこともあったけど)、アホな私は「過去を乗り越えて掴んだ主演…!!本当におめでとう…!!」等と涙していたんだからおめでたい能天気野郎だな……と今になって頭を抱えてる次第です。

 

 

 

いや〜〜〜ね……!!!!

 

裕翔くんが落ち込んだことについては心当たりあるけど!!!もれなく該当担も落ち込んだから!!!!


それを踏まえたとしても、もう、本当にビックリだよ……!!!!!!

 

っていうのが純粋な感想。

 

 

 

自分以外の誰かが本当は何を考えているかなんて一生分からないもんだなぁ〜

でも、だからこそ、裕翔くんが発する言葉を信じて、時には都合良く裕翔くんに騙されながらも、裕翔くんのことをずっとずっと好きでいたいし、微力ながらも応援していければいいなぁと思いました、まる。

 

 

もっと言うと、実はね……と裕翔くんがこの話をしてくれたことが、一番ファンとして嬉しいことだなぁと思う。それはひとえに8人のメンバーのおかげだし、新規の戯言だけど!!!飛び込んで行くのを躊躇していた裕翔くんのことを、ずっと待っていてくれてありがとう、温かく迎え入れてくれてありがとう、という気持ちしかないです。

 

 

あの時裕翔くんにウッカリ騙されてなければ今の私はいないわけだから、裕翔くんの策略(言い方)にまんまとハマってよかったよな〜〜〜!こんなにも幸せたくさんもらえる人生は他になかった!絶対!!

 

裕翔くん、私を中島裕翔というアイドルに出会わせてくれてありがとう!!!!

 

 

Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017

完走お疲れ様でした!!!!

これからも裕翔くんと一緒に見たことない景色を探し続ける所存です!

 

おわり