僕なりに、君なりに

フェアリーと天使を愛でる会

私の陽だまり

 

 

‪十数年間二宮担当として生きてきた地方のしがないヲタクが、婚活の息抜きにふらっと行ったJUMPのコンサートで中島裕翔くんに出会い、人生初の掛け持ちを始めてはや2年。‬

‪ ‬

 

 

‪突然…というわけでもないけれど‬


今更…?という声も聞こえてきそうだけど

 

 

‪わたし、重岡大毅くんの担当になります!!!!‬

 

 

 

 

‪何がどうしてこうなったのか書いてみたんだけど相当ヤバい拗らせブログになったので…いつか笑い飛ばせる日が来たらテンション高めでお送りしてみようと思う。‬

 

 

 

 

‪とりあえず今回は重岡くんとジャニーズWESTの落ちポイントと、24コンの話を……相変わらず文書構成がド下手なので長文がダラダラ続きますごめんなさい!‬

‪ ‬

 

 

 

‪で、‬

 

 

 

‪まずは、にのちゃんのことも裕翔くんのことも嫌いになったわけじゃないョ!!ということだけは最初に申し上げておきたい。‬

 

‪担当論は人それぞれおありかと思いますが…私は自分に都合の良いヲタクなので、担当になろう!という決意は出来ても、担降りしよう!という決意は出来ませんでした。ゆえに担当を増やしていくスタイルでお送りします…!‬

 

 

‪担当が1人増えたことでもしかしたら熱量は分散してしまうかもしれないし、今後誰かひとりを選ぶことになるかもしれない。でもいつ来るか分からないその日までは、今まで通りテレビも見るしDRで録画もするし、雑誌もCDもDVDも買うし、もちろんコンサートだって行きたいというか行く!!お呼ばれされなくても何とかして行く!!!‬

 

 

‪ちなみに6月17日は34歳になりたてホヤホヤの二宮氏を拝む権利を有難く頂いたので京セラでおてて合わせて南無南無してくる予定だし、8月11日は「裕翔くん24歳の誕生日おめでとう♡」とか「ロウソク吹き消して♡」とかもうありとあらゆるカンペ団扇を作って福井へ行く気マンマンです!!!!‬席は分かんないけどね!!!!(泣)

 

 

‪ということで、関係各所のみなさま今後もよろしくお願い致します。‬

 

 

 

 

 

‪で、(2回目)‬

 

 

 

‪重岡くんにハマったのは、映画館へ3回行った溺れるナイフでもなく、パリマニとホルモンのギャップ芸に圧倒されたジャニーズカウントダウンコンサート2016-2017でもなく、パリピポの円盤でした。‬

 

 

‪私も例に漏れず、ジャニーズWESTの曲…?ええじゃないかとかズンドコパラダイスとかでしょ…???と思っていたクチなので、カウコンでパリマニを見た時なんか‬

 

‪「こ、これはキスマイの曲…?」‬

 

‪などと大変失礼なことを考えていました本当に申し訳ありません…(土下座)‬

 

‪JUMP担のお友達に告白すると「え?!?!パリマニ知らないの?!?!少クラ見てないの?!?!私でも知ってるよ?!?!」と驚かれ「エッ…パリマニってそんな有名?てかパリマニって正式名称…?へ……?ぱ、ぱーてぃーまにあっくす…???なにそのマニアックなパーリーピーポーみたいなやつ…こわ……」などと思っておりましたことも謹んでお詫び申し上げます……‬

 

‪この時まだ「いやいや…そんなこと言っても…ね?毛色の違うドチャクソカッコイイ曲ってパリマニだけでしょ…?あと全部ええじゃないかでしょ…??」等とナメた考えをしていた過去の自分、マジで今すぐシバキ回して晒し首の刑に処したい……‬

 

 

 

ジャニーズWESTのコンサートを見てまず衝撃的だったのは、オープニングから会場のボルテージを最高潮に持っていく熟練された乗せ方と煽り方…!!本当に圧巻…!!!‬

‪ええじゃないかというパブリックイメージで油断させておいて、キレッキレのえげつないダンスで魅せるのも、重厚感のあるユニゾンで惚れさせるのも「ず、ずるい……」と下唇を噛み締めるしか術がなく…‬

 

‪もうあとは、一瞬一瞬に全身全霊かけてがむしゃらに突っ走る背中とか、愛が溢れすぎて洪水状態のボケとツッコミとか、全てにおいて感じるメンバー同士の阿吽の呼吸とか、お互いを尊敬尊重し合う姿勢とか、謙虚さを持ちつつもメラメラと闘士を燃やす底なしのハングリー精神とか……なによりもファンを大切に想う気持ちに、滅多打ちにされました_†_‬

 

‪だってこれぜ〜〜〜〜んぶジャニヲタがすきなやつじゃん;;;;抗えるわけないじゃ〜〜〜〜ん;;;;(語彙力)‬

‪ ‬

‪「俺らのために貴重な時間を割いてまでコンサート来てくれてありがとう!!!つらいことがあったら笑わしたるからまたおいで。俺らずっとここにおるからな。お前がいざという時頼れる場所であるために、俺らはずっとここにおるから。」と新規もまとめて抱きしめてくれるグループある……???‬

 

‪いや!!!ない!!!!!!(即答)‬

‪ ‬

 

‪間髪入れずに一発目とラキセを見たけれど、もうお腹いっぱい……!!!というよりも、まだまだ足りない!!!もっとくれ!!!!とすっかり薬中患者(読み:ジャニーズWESTのトリコ)となってしまい、なうぇすと名古屋公演のチケットをなんとか入手し、2017年2月17日無事ジャニーズWEST処女を捨て、晴れてジャス民となりました〜完〜‬

 

 

 

 

‪で、(3回目)‬

 

 

‪もうね、なうぇすとがあんまりにも楽しくて…(号泣)もうこれは完敗だ〜〜〜無駄な抵抗はやめて素直に投降しよう〜〜〜と早々に腹を括ったんだけども…‬

 

‪ただ、重岡くんのがむしゃらな生き様を見ていると、生半可な気持ちで応援したり、なんとなく掛け持ちの延長線上でぬるっと「重岡坦」を名乗るのは失礼なんじゃないかな…と思うようになって……(別に誰も気にしてないんだけどヲタクってこういう自己中なところあるよね、面倒くさいね。)‬

 

‪重岡くんが人生も青春も捧げた場所で輝く姿を、自分も(もうそんなに若くはないから同じような熱量では難しいかもしれないけれど)一生懸命応援したい、たくさんの気持ちを捧げたい、「重岡大毅」の「担当」になりたい、と思ったわけであります。(勝手になって好きに応援でもなんでもすればいいじゃんね。自分でもそう思う。)‬

 

 

 

‪重岡くんの担当を名乗るにあたって気後れするところも正直ありました。‬

‪ずっと関東ジャニーズばかり見てきたので、関西の絆ってファンを含めてめちゃくちゃ強いイメージだったし…ファミリー感というか…簡単には新規参入出来ない感というか………(被害妄想)‬

‪本当に何も知らなくて、楽曲もええじゃないかとズンドコパラダイスしか知らなくて、あのカウコンから色々あって最終的に7人でデビューすることができたってことくらいしか知らないような人間が、「すき」だから「担当」になりたいなんて、そんな簡単な理由でなっていいものなのかな…なんて思ったりしたり……‬

‪どれだけ映像見てテキスト読んで勉強したところで、限界はあるし当時には戻れないわけで…‬

‪「あ゙〜重岡くんすき〜(号泣)」みたいな新規ハイ期を経て、ちょっとしたモヤモヤ期を迎えてました……(本当にヲタクって面倒くさい生き物だよね。)‬

 

 

 

‪そんな拗らせたヲタクの気持ちを淳太くんは24コンという記念すべきコンサートにおいて優しく丁寧に成仏させてくれました。‬

 

 

‪「もちろん知らん人もいっぱいいると思いますよ。デビューしてから僕達のこと知って。昔から応援したかったですとか、ジュニアの頃知らなくてごめんなさいとか…全然そんなことないんですよ。ただそういう人たちがそう思ってる心理もなくしてあげたいかな。当時やってたことと同じことをやることで、昔見れなくて後悔してるっていう…そのモヤモヤをはらってあげたい」‬

 

 

‪幾度となくテキストで目にしてきた言葉を本人の口から聞くことができて初めて「あぁ、ジャニーズWESTのファンになってもいいんだ」と心の底から思えました。‬

 

‪淳太くんってホントすごいよね。ヲタクの気持ち推し量りすぎるがあまり自分の寿命縮めてないか心配になる……こんなにも新規を気遣ってくれるアイドル見たことないし、勝手に応援してるのに勝手にしんどいくなるヲタクの面倒くさい性質にも理解を示してくれるアイドル見たことないよ。‬

‪きっと、ものすごく、優しくて、気遣いの人で、周りがよく見えてて、懐が深くて、そういう役目は自分がやらなきゃいけないと責任を持っていてくれるからなのかなと思ったりしたと同時に、淳太くんの言葉の節々から「この世界で最期まで生きていくからには応援してくれるありとあらゆる人を一生掴んで離さない」っていう覚悟みたいなものをヒシヒシと感じました。本当に淳太くんはオトコマエだ。マジでアンタはサイコーや。‬

 

‪とは言っても、過去を見てこられた方に対して羨ましい気持ちが全くないかと言うと嘘になる。そりゃ羨ましいよ…もっと早く出会いたかった!!!1年でも、1ヶ月でも、1週間でも、1日でも早く出会いたかったと思うよ。でも、そんなふうに固執していても過去に戻れるわけじゃないしね……開き直りだけど、当時は毎日学校の休み時間と放課後に嵐がどうやったら売れるのか真剣に会議開いてたんだし…このタイミングでないとジャニーズWEST出会えなかったんだと思う。だから、これからの7人を応援できるチャンスを今掴めたことに感謝したい。そんなふうに思わせてくれた淳太くんには、何度言っても足りないけど、本当にありがとう。感謝してます。‬

 

 

‪話があっちゃこっちゃしたけど、重岡くんの個人的な印象は、どちらかと言うと淳太くんとは正反対で「みんな今日は来てくれてありがと〜〜〜!!!みんながおるからオレは今ここでこんなに輝いてるで〜〜〜!!!めっちゃ生きてる〜〜〜って感じする〜〜〜!!!これからも一緒に楽しいことしよな〜〜〜〜!!!」みたいな感じ。‬

‪重岡くんの見たい夢を一緒に見させてもらいつつ、重岡くんからポンポン生まれてくる言葉の行間を読んで泣いたり笑ったり考察したりエモい気持ちになったりする感じ。‬

 

‪だと思ってた。‬

 

‪でも「10人のお客さんの前でやろうが、あんまりそこって気持ち的に変わったらアカンのちゃうかなって、思ってて。まあ特別な日なのには変わりはないけど、シンプルな、自分の一番持ってる気持ち、心っていうのは変えないでおこう。」って一言で、いやもう本当に当たり前のことなんだけど、重岡くんにもコンサートでお客さんに見せたい景色や届けたい想いがあるんだな、って改めて感じたというか。やっぱり重岡くんが重岡くんの声で喋る言葉は私の心の深いところまで届くみたい。色んな雑誌やエピソードで見聞きするよりも、重岡くんの気持ちや覚悟がスンッと自分の中に入ってきました。‬

 

 

‪多分私は本来なら淳太くんのようなファンのために言葉を尽くしてくれるタイプを好きになる傾向なんだけど、もうね、どうしても重岡くんの魔法が解けないんですよ……本当に呪いみたい……‬

 

‪こんなこと言うてる自分かっこええな〜と笑いながら自分に酔ってる重岡くんに酔ってる感じ。もう完全に酔わされてる。重岡くんを前にするとない語彙力はゼロになるし声も出なくなるし無条件で涙が出るし手足は震えるし腰は抜けるし、泥酔状態というより急性アルコール中毒。しかも一生治らないやつ。それくらい重岡くんの魅力は度数が高い。‬

 

‪上手く言葉に出来ないけど、ものすごく好きなのに、もうちょっと薄めでいいんですけど…一気に原液摂取すると死んじゃうんで……って水か烏龍茶で割りたい感じ。本当に変な感覚。こんなことヲタク人生で初めてだから戸惑いしかないんだけど、今生きててチョ〜楽しいからもうなんでもいいや〜〜〜!!!(大の字)‬

 

 

 

 

‪で、(4回目)‬

 

 

 

‪締め方が分からない……(恒例)‬

 

 

 

 

‪えー……では最後になりますが、重岡くんに出会ってから一番ビビっときた言葉を……‬

 

 

キネマ旬報2016年11月下旬より‬

 

‪「ネガティブになるの、一番簡単だから。ポジティブになる方が難しいじゃないですか。ポジティブな人の方が強いんだなと思ってから、そういう人に(あり方として)近づこうと。そういう考え方に近づこうという姿勢ですね。そこにゴールはないから、ずっと歩み続けてる感じです。‬

 

‪いろんなこと、挑戦させてもらってるから、だからこそ、打ちのめされることばっかりで歌手の人にはかなわない、役者さんにはかなわない、芸人さんにはかなわない、打たれる回数はめっちゃ多い、だからこそもう疲れたんでしょうね。毎回毎回真剣に悩んでいると、しんどいですよ。イヤになりますよ。でも、その現実から逃げたいとは一切思わない。じゃ、どうしようか?楽しんでやっていけたらいいな!じゃ、どうやぅたら、楽しんでやっていけるかな?前に、前に、となってからは楽しいですね。‬

 

‪めっちゃ視野が狭かった子どもの自分がいた。それがいたから、いま、何かができなくても、本当に全力でやりきったら、未来の自分が引き上げてくれるかなと。それは経験上わかってるんで。そこが力になってますよね。、いま、どんなにダサくて、カッコ悪くても、未来の自分が絶対引き上げてくれるから。そう思えるから、もっともっと上に行けるなと思います。」‬

 

‪というお言葉。あまりに好きすぎてキネマ旬報取り寄せ購入しました。私がなぜ重岡くんを応援したいのかという答えがここに詰まってるので、多分このインタビューだけでブログ1個書けると思うし話がどんどん長くなるから今回は引用だけにして……‬

 

 

‪2016年12月25日京セラドームに立った‬

‪「ジャニーズWEST重岡大毅」が‬

‪約10年前に「(いつかドームに立てたらいいな…)」という想いを心のどこかに隠し持ちながら先輩のバックで気持ちを切らさず踏ん張っていた‬

‪「関西ジャニーズジュニアの重岡大毅」‬

‪を引き上げてくれたのかなって思ったら、重岡くんの全てが報われた気がして、勝手に嬉しさと尊さとエモさが募って、24コンの中で一番声出して泣きました。‬

 

 

‪今の重岡くんのことは、20XX年の重岡くんがどんな場所から引き上げてくれるのかなぁ…と楽しみにしつつ、新参者ではありますが、重岡くんやジャニーズWESTの「夢」として胸を張れるようたくさんのエネルギーを注いで応援して行ければと思います!押忍!

 



おしまい